リップルの取引でおすすめしたい取引所

リップルはビットコインと比べると小規模な仮想通貨のためか、取り扱っている取引所は少なくなっています。
しかし「少ない」とは言うものの、リップルを取り扱っている取引所の数は、1つ2つどころではありません。
ではリップルの取引をするには、どこの取引所を利用するのがおすすめなのでしょうか。

リップルの取引所でおすすめは、セキュリティがしっかりしている所です。
仮想通貨の取引所を狙ったハッキング事件は、跡を絶ちません。
仮想通貨をはじめる以上、手元にある資産が消滅しても不思議ではないのです。
セキュリティに関して取引所に”おんぶにだっこ”では、ハッカー達の良い鴨になります。
自分の資産は、自分でしっかり守る必要があります。

そこで見ておきたいポイントが、二段階認証とコールドウォレットです。
二段階認証とは、お金を預けている金庫の鍵を2つに増やすことを言います。
取引所を利用するにはメールアドレスとパスワードが必要になりますが、これだけでは不十分です。
そこで二段階認証で鍵を増やし、盗まれにくいようにします。
コールドウォレットとは、オフライン上にあるバーチャル財布のようなものです。
そもそもハッキングするには、オンラインでつながっていることが絶対条件です。
でもオフラインになっているのならば、超凄腕ハッカーでも手の出しようがありません。

しかしセキュリティに関しては、問題はまだまだ山積みです。
また「セキュリティは甘いです」と自ら宣言している取引所はあるはずもなく、素人では見極めることができません。
ではセキュリティがしっかりしているかどうかを見るには、どうすれば良いのでしょうか。
ヒントとなるのが、金融庁です。

国内で仮想通貨を取り扱うには、金融庁の登録が義務付けられるようになりました。
しかし何処の業者でも申し出れば、登録できるという訳ではありません。
取引所を利用する人に対してリスクをきっちり説明しているかどうか、利用者から預かったお金をしっかり管理できているかどうかも、登録条件に含まれています。
もちろんシステムを管理し、セキュリティに力を入れていることも登録条件の1つです。

そして仮想通貨の種類が多い所もおすすめしたい取引所の1つと言いたいところですが、仮想通貨の種類はそこまで重視する必要はないでしょう。
取扱い仮想通貨が多い取引所だからとは言え、安心できるとは限らないのです。
現に流出事件を起こした取引所は、仮想通貨の取扱数はかなり多い所でした。