リップルとは?

リップルは仮想通貨の一種で、ビットコイン・イーサリアムに次いで3番目の規模を誇ります。
時価総額は2018年2月時点において、3兆7,000億円です。
リップルの注目度は世界的に高く、大手企業や有力投資家達も注目しています。
ではリップルとはどういう仮想通貨なのか、取り上げます。

リップルは正確に言うと、仮想通貨ではありません。
暗号を用いた取引プロトコルです。
お金を何処かへ送金する際、一度に多くの人が送ってしまうと大渋滞を引き起こしてしまいます。
すると待てど暮らせどお金はいつまでたっても送金されず、取引そのものが成り立たなくなる恐れも出て来ます。
そこで登場するのが、リップルです。
リップルはお金の大渋滞が起きないように作られた、システムの一種です。

例えばメールを送信する際、SMTPというプロトコルが用いられています。
世界中で1日に何千・何億通というメールが送信できるのは、SMTPの技術があってこそです。
リップルも目指す所は、SMTPと同じです。
リップルというプロトコルを用いることにより、お金のやり取りをスムーズに進めることができるようになりました。

しかしここで、1つ疑問が浮かび上がります。
リップルは仮想通貨ではなく取引プロトコルだとすれば、リップルの仮想通貨とはどういう意味なのでしょうか。
リップルの仮想通貨は、XRPです。
XRPとは、XRP Leaderの通貨です。
リップルのやり取りが行われると、やり取りした記録を台帳に記録します。
この台帳こそが、ビットコインで言うところのブロックチェーンです。
そして、リップルで言うところのXRP Leaderでもあります。
XRPは円やドルとは違い、実態がないものです。
最高は1000億XRPで、これ以上発行されることはありません。

リップルのメリットは、将来性の高さにあります。
仮想通貨の将来性が疑問視されている今、リップルが持っている可能性は大きなメリットといえるでしょう。
また決算スピードも他の仮想通貨と比べて早いことから、国際決算にも強いのも大きなメリットと言えます。

リップルは国内だけでなく、国外の取引所でも多く取り扱われています。
比較的に手に入れやすい仮想通貨となっているので、初心者でも始めやすいかと思います。
ただし仮想通貨には、リスクがつきものです。
下手に手を出してしまうと、痛い目に遭ってしまいます。
安易に手を出す前に、リップルについてしっかり勉強して下さい。