リップルの購入方法

リップルは、何処かの店で販売されているものではありません。
ましてや円やドルのように、銀行に行けば交換してくれるものでもないのです。
ではリップルを手にするにはどうすれば良いのか、購入方法について取り上げます。

まずリップルを手にする前に、先にウォレットを確保しておきましょう。
ウォレットとは、仮想空間にある財布のことです。
ウォレットを確保せずとも、リップルを購入することは可能です。
しかし仮想通貨は世界中のハッカー達に狙われており、いつ何処でリップルが盗まれるのか全く分かりません。
盗難防止のためにも、ウォレットは必須です。
もちろんウォレットを手にしたからとは言え、「絶対に安心」とは言えません。
でもウォレットを持つことにより、盗難リスクはかなり低くなります。

ウォレットを手にしたのならば、いよいよリップルの購入です。
購入する場所として代表的な所は、取引所です。
取引所は東京や大阪の何処かにあるのではなく、インターネット上に存在しています。
取引所ではリップルを買いたい人・売りたい人が集まります。
リップルを買いたいのならば、売りたい人から購入することになります。
そしてお互いに希望する価格をつけて、両者が一致すれば取引成立です。
もちろん取引所では、売ることもできます。
利益を出すにはリップルを安く買い取り、高く売ることです。

リップルは取引所だけでなく、販売所でも購入可能です。
取引所に登録しているのならば、販売所も利用することができます。
取引所は買いたい人・売りたい人が値段を決めるのに対し、販売所は運営している会社が値段を決めます。
会社側が値段を決めているので、取引所と比べると価格は少し高くなっています。
販売所で購入するとなると、デメリットに感じるかもしれません。
でも取引所に万が一のことがあった場合、リップルを売りたくても売れず・買いたくても買えなくなる恐れがあります。
販売所と取引所の特性を上手く利用すれば、効率よく運用することができるでしょう。

そしてリップルを手にするには、もう1つ方法があります。
社会奉仕活動です。
非営利活動のプロジェクトに参加すると、報酬という形でリップルを受け取ることができます。
エボラ出血熱対策・小児ガンの治療など、人の命を救う手伝いができます。
ただし、日本語には対応していないので注意して下さい。

リップルを購入するには、取引所から得るのが1番でしょう。
投資家の駆け引きには神経を使うものの、上手く行けば大きな利益に繋がります。