仮想通貨とリップルの将来性

仮想通貨は、2018年に入ると全体的に価格が大きく下がってしまいました。
急激な下がり具合に、「仮想通貨はもう終わった」という声があるのも事実です。
では仮想通貨は、本当に未来がないのでしょうか。
そこで、仮想通貨やリップルの将来性について取り上げます。

そもそも仮想通貨が値を下げた理由は、日本円投資が少なくなってきたからと考えられています。
仮想通貨の取引額を見てみると、仮想通貨投資額トップは日本円でした。
しかし2018年に入ると状況は一変し、日本円が占める割合は減ってしまいました。
日本円に変わり、投資額トップに君臨したのはドルです。
また仮想通貨に対して、各国で規制の動きが目立ってきています。
仮想通貨は犯罪やテロで使われる恐れもあることから、厳しい規制を敷いている国もあるほどです。

そして肝に銘じておかなければならないのが、仮想通貨にまつわる事件です。
記憶に新しいのは、流出事件です。
日本国内でトップクラスの規模を誇っていた取引所から、仮想通貨が流出した事件が発生しました。
連日連夜放送され、大変な話題になったのは言うまでもありません。
流出事件により仮想通貨の価格は暴落し、関係者達も対応に追われました。
ただ今後も、流出事件が“絶対に”起きないという保証はどこにもありません。
国の規制も厳しくセキュリティに問題も抱えている状態では、明るい未来を見るのは無理があります。

しかし本当に、「未来がない」と断定できるでしょうか。
仮想通貨を管理している人達は、今の状況に指をくわえて見ている訳ではありません。
技術は日々進歩しており、万が一の時があっても対応できるように務めています。
また仮想通貨の将来性について、希望を見出している大企業も数多く存在しています。
リップルの場合は将来性を見越して、世界的な大企業が出資しています。
また世界中の銀行と提携しており、スムーズな送金も可能となりました。
もし本当に将来性がないのならば、世界的な大企業や銀行はリップルに見向きもしていないはずです。

ただリップルだけに限った話ではありませんが、仮想通貨を取り巻く環境は「良い」とは言えません。
「お金のなる木」と喜び勇んで投資をすると、酷い目に遭うのがオチです。
でも2017年には勢いがあり過ぎたので、反動が来ていることも十分に考えられます。
リップルの本当の実力が出てくるのは、2019年以降となるでしょう。
今よりも技術が進み信頼性が向上すれば、将来性はあります。